読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまざかり

山に関する情報を中心に発信しています。直近の目標は日本三百名山登頂。夢は大きくセブンサミット踏破!

【山行計画】2016年11月20日 妙義山-日本を代表する奇勝を堪能する旅-

11月 山行計画 日本二百名山
「この山はきっと中国かどこかの山だろう」
 
写真だけ見ると、異国の山のように思えてしまう。中国山水画に描かれるような奇岩が散らばったその景勝は、見るものを魅了してやまない。
 
日本が誇る奇勝、妙義山
 
その魅力を最大限堪能するべく計画を立てる。いざ、山水画の世界へ。
 
●日程:2016年11月20日(日)
●メンバー:3人
●天候予測:
f:id:sacyuhi0617:20161119112910p:plain
●交通手段:マイカー
●アクセス概略 
妙義山へのアプローチ口は妙義神社と中之嶽神社の二つが主だが、今回は中之嶽神社側からのアプローチを行う。中之嶽駐車場は400台ほどの駐車スペースがあり、トイレも完備している。
-上信越自動車道下仁田ICよりR254経由約25分/上信越自動車道松井田 妙義ICより旧有料道路経由約15分

妙義山概略

妙義山とは白雲山・金洞山・金鶏山・相馬岳・御岳・丁須ノ頭・谷急山などを合わせた総称で、南側の表妙義と北側の裏妙義に分かれています。榛名山赤城山と合わせて上毛三山と言われています。表妙義の最高峰は相馬岳(1,103.8m)で、裏妙義の最高峰は谷急山(1,162.1m)です。日本二百名山の一つ。
 
●予定ルート&コースタイム

 妙義山には幾つかのコースがあります。

・タルワキ沢コース

相馬岳への登頂を目指すコース。数箇所鎖場はあるが初心者でも登ることができるルート。登山口は妙義神社

・石門巡りコース

奇岩の散らばる中之嶽を楽しむことができる初心者向けコース。第一から第四までの石門を存分に堪能することができる。登山口は中之嶽神社。

・白雲山コース

難易度の高い鎖場が連続する上級者向けのコース。滑落事故、死亡事故も発生しており安易な気持ちで挑戦してはいけない。登山口は妙義神社

今回は このタルワキ沢コースと石門巡りコースを組み合わせます。

---------------------------------------

06:00 東京発

09:00 中之嶽駐車場発

09:10 第一石門

09:20 第二石門

09:40 第三石門

09:50 第四石門

10:00 大砲岩分岐

10:15 大砲岩

11:15 東屋(中間道)

11:45 本読みの僧(中間道中間地点)

12:00 タルワキ沢コース分岐

13:00 相馬岳

14:00 タルワキ沢コース分岐

14:30 タルワキ沢起点

14:40 金鶏橋

15:10 一本杉

15:30 中之嶽駐車場着 

----------------------------------------
・距離:?km
・行動時間:6時間30分
・累積標高:???m
・水場:あり

f:id:sacyuhi0617:20161119125330p:plain

f:id:sacyuhi0617:20161119113307j:plain

-----------------------------------------
 
●コース概略

奇岩に満ちた登山道はスリルに満ちていて、飽きることなく楽しむことができると思います。決して難易度が高いものではないものの、数箇所岩場があるので、侮らず安全第一に。鎖場があることので、防寒対策も兼ねてグローブを装備した方がいいかなと。今年は紅葉が遅かったと言われていますが、ここら辺はどうなのだろうか。紅葉シーズンは多くの観光客で賑わうとのことですが、明日は如何なものか。

 
以上です。
山行記録もお楽しみに!